<   2014年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

NEWカート

病気の経緯を・・・と言っておきながら、全然違う話。

入院騒動が勃発する前にわんこカートを新しくしていました。

お値段のこともあって悩みに悩ましたが、我が家のカートを使う頻度を考えたらここらで買い換えてもいいのではないかと思い決断!

それがこれ↓
e0105703_2205841.jpg

人間のベビーカーメーカーのコンビからでているわんこカートです。

色は誰が押しても笑いのでない無難な黒×紫。
今は着せ替えカバーも出ていてかなり需要が高まってきているのかなと思わせます。

操作性はさすがのベビーカーメーカー。スイスイです。
カゴの部分は簡単に取り外しができ、カート本体も三つ折にたためて自立するので場所もとりません。
うちの6キロ超えのダックス2ワンでぴったりのサイズ。
2ワン乗せると隙間はあまりありせんが、2ワンでぎゅうぎゅうの方が落ち着くコたちなので我が家的には問題なし。中に飛び出し防止のフックも2個ついています。

前のカートよりワンコの目線は高い位置になりました。
でも、この方が我が家的には安心。

なぜなら、カートを使っているのはボスばかりなのですが。
ハタから見るととてもとてもおとなしくカートに乗っているボス。でも、それは外が怖いから。
警戒のアンテナは常に張り巡らされています。

※ボスを歩かせると、誰よりも遅い(笑)
数メートル・・・いや数十メートル差ができてるんじゃないかと・・・。
外を歩きたくないがゆえの抵抗なのか、これが本来の速度なのかいまだなぞです。


特に見えない目の方向からくる物体にはとても弱い。
悲鳴のような威嚇の声をあげることもあります。

おとなしく乗っているがゆえに、触りたい人もしばしば・・・。
ぬいぐるみが乗っている感が漂っているのでしょうか・・・。
特に小さいお子さんたち。
前のカートはカゴの位置が低いので、目線がお子さん目線でして。
突然手が出てきたりもしばしば。飼い主側もガードしてはいますが、しきれないこともあります。
もちろん、ボスは吠えます。

お店の中ではボスが見えないように蓋をしていますが、外では開放してあげたい。

咬むことはなくても、もし歯があたってしまったら・・・。確実に穴があくでしょう。

新しくしたカートは目線が高くなり、蓋になる部分も開閉が前後と変えられるので場所によって切り替えができます。これで少し快適度があがったかなと思っています。

入院する数日前にカート買って、おでかけするぞ!と意気込んでいたら一騒動で。
いまだ外で活躍していないカートです。
[PR]
by oguri-gura | 2014-03-16 22:26 | わんこ~ボスとワッキー~