<< あみねこ・・・じゃなくて、あみいぬ コスモスからビオラへ >>

とんぼ玉作りのきっかけ

e0105703_14264468.jpg

e0105703_151741.jpg

「とんぼ玉」は、ガラスをバーナーの火で溶かして作るガラスのビーズのことです。
歴史は古く、紀元前からある装飾品です。
中心に穴があいているのは、芯となる鉄やステンレスの棒に溶かしたガラスを
巻いて作っているからです。

とんぼ玉作りを始めたのは、3年ほど前?かしら。
旅行先でとんぼ玉体験をして、前々から興味があっていろいろお話を聞いていると
「賃貸だからガスひけないし、道具もよくわからないし・・・(-"-)」
「カセットコンロ式のバーナーがあるし、道具も全部そろえてあげるよー(^^)」 と
いったことになり、お言葉に甘えとんぼ玉作りが始まったのです。

この体験教室以外には教室に通ったことはなく、独学できちゃいました。
本やウェブでステキな玉を見ては、「どうやって作るのかしら・・・」と挑戦・・失敗・・
また挑戦!!と小さなことからこつこつと・・・やっています。
(教室に通うタイミングをなくしただけとも言えますが(-_-;))

いろんなきっかけがあると思いますが、ひょんな波に乗ってみるのも悪くないなーと
いった感じでしょうか。
写真はフリマにだしたもので、夏だったので帯飾りにしてみました。あと和風ネックレス。
[PR]
by oguri-gura | 2006-11-25 15:14 | とんぼ玉
<< あみねこ・・・じゃなくて、あみいぬ コスモスからビオラへ >>