<< 何もないのがいいね。 ダックスワイン >>

緊急事態でした。

この4日間、我が家は緊急事態でした。

ワッキーに、てんかんのような発作が出ました。
当日は血液検査、尿検査をし、昨日CT検査を受け、現在は症状もなくいつも通りです。
食欲もあります。

今日のワッキー。
このあと玄関のピンポンが鳴り、いつも通りピーピー言ってましたので元気です。
e0105703_10141861.jpg


症状がでたときから、検査までのことをを書きますが、長くなるし、文章ばかりなので
↓に続きます。



21日昼12時ごろのこと。
昼寝から飛び起きると、あわてるようにクレートに駆け込み、座ったまま失禁。
 (※ワッキーは粗相が全くない子です。なのでこの時点で異常なこと。)
床をみるとウンチも漏らしている。そのままクレートから出てこない。
クレートの屋根を外して、ワッキーを救出。
名前を呼ぶと尻尾を振り答える。

オシッコでビショビショのワッキーを洗おうと浴室に連れて行くが、うまく立つ事ができない。
足場の良い絨毯のところに立たせようとするが、四肢を広げて突っ張るようにして
カエルのような平泳ぎのような状況になり立てないし、歩けない。
痙攣はしておらず、硬直しているという感じ。
硬直があったのは30秒か1分ぐらいのことで、失禁してからは3分ぐらい経過。
そのあとは回復し、いつも通りに歩けるようになり、オシッコもシートですることができた。
ワッキーはちょっとぐったりしている。

この日、変わったことといえば、めずらしく朝散歩に出たことぐらい。時間は朝8時ぐらい。
この時期になってくると、草むらはダニとかがいるかもと思い、服も着せてなかったし
フィラリアの薬も6種混合ワクチンもまだだったので草むらは避けていた。
それでも除草剤でも舐めたのかと心配になる。でも、下痢や嘔吐はない。

かかりつけの獣医さんに電話し、病院へ行く。
とりあえずオシッコも持っていく。
 (トイレシートにした直後だったので、シートを絞って採取。新品の化粧品詰めかえボトルに採る。)

症状は電話で言ってあったので、すぐに診察。
除草剤は撒いてないか、シロアリ退治をした家はないか、バルサンを焚いてないかなどの問診。
私の見た限りないと答えると、先生の所見はてんかんではないかと言うこと。
      
てんかん発作も派手に痙攣する場合とワッキーのように脱力する場合がある。
脱力や失神の場合、徐脈からくるものもあるのだが、心臓も前に精査済みだし心音も正常。
血液検査と尿検査で、内臓に疾患がないか、炎症がないかなどを調べて消去法で確定していくことに。

血液検査の結果は、肝機能正常。アンモニアも正常なので肝性脳症の疑いもなし。腎機能正常。
電解質正常。炎症を示すCRPも0.0で正常。貧血もなし。尿検査も正常。

すべて正常範囲の中で、CK値(クレアチニンキナーゼ)の1項目だけ高い。
高いと言っても正常範囲なのだが、先生が言うには、通常2桁どまりで3桁になるのは
筋肉や神経に何か起こったからだろう。ワッキーの場合、硬直が起きたのでそのせいで上昇したのでは。
 (※各病院の検査器機によって正常値は違ってくるので、こちらの病院での話として参考として
もらえたらと思います。)
CK値は、筋肉由来のものなので、筋肉、神経の疾患や心筋梗塞、痙攣などで値が上がる。
派手にガクガクと痙攣した場合は、CK値は跳ね上がるということ。
 
内臓も正常となると、そのあとは脳の検査となる。
一番良いのはMRI検査。でも料金がとても高く、検査も都内まで行かなくてはならない。
あとはCT検査。MRIよりは解像度が落ちるが、MRIよりは料金も抑え目で検査もかかりつけの
この病院でできる。選択は私次第。
もし、ここにMRIとCTの両方あったなら、私は迷わずMRIを選んでいたと思う。
検査予約もすぐにできるだろうし、結果もいつもの先生から聞けるから。正直なところ料金の問題も
あったが、そういうことろも不安だった。
一緒に付き添ってもらった母に(発作が起きていた時は私ひとりだったので。プチパニックでした。)
「とりあえずCTをして、様子をみよう。」と言われ、CTを撮ることに。

CTでも脳腫瘍や水頭症はわかるので、命にかかわるものや手術が必要とか大きなことが
なければいいと思った。
24日(月)に検査になったので、それまで大きな発作がでないように安全策として抗てんかん薬を
処方してもらう。飲むと興奮が抑えられるので、ちょっといつものワッキーらしい騒がしさがなくなる。

24日(月)朝、CT検査にワッキーを預ける。
麻酔をかけるので心配はあったが、夕方に無事終了。

検査結果は、正常。水頭症、腫瘍、頚椎ヘルニアも奇形もなし。
これで手術や今すぐ命に関わることがないことが証明されて、私の緊張が一気に脱力。


..:*・..:*・..:*・..:*・..:*・..:*・..:*・..:*・..:*・..:*・..:*・..:*・..:*・..:*・..:*・..:*・


と、この4日間緊張の日々でした。
昼間も夜も発作がでないか心配で、私自身、浅い眠りになっていました。
昨日は緊張が解けたのか、久々に「寝た」という感じがしました。
ワッキーはもとから興奮しやすい子で、ここ連日、人が遊びに来ていて興奮度が高い日が続いていたので
こういうことも原因のひとつなのかもしれません。
てんかんも興奮しやすい子の方がリスクは高いようです。

これからワッキーは、一ヶ月間、抗てんかん薬を服用します。
服用することで興奮が抑えられるので、眠気が強かったり、けだるそうな感じがありますが
これも徐々に体が慣れ普段どおりになってくるようです。
服用をやめたときに、今の発作よりも強い発作が襲うことはないかとかも質問し
ワッキーのような脱力する発作の方が怖いということも聞き、服用してても発作がでたら
また別の精査が必要だし、一ヵ月後に服用をやめて発作がでたらてんかんと
一生のお付き合いとなるようです。
一ヶ月後また診察して、今後、どう対処して行くか決めます。
[PR]
by oguri-gura | 2010-05-25 10:16 | わんこ~ボスとワッキー~
<< 何もないのがいいね。 ダックスワイン >>